副作用を理解すると安心~プロペシアで理想の髪へ~

育毛

医師に相談しましょう

髪の毛

妊婦には絶対禁忌

プロペシアは、脱毛抑止効果を持つ薬ですが、本来は、前立腺がんや前立腺肥大を抑える薬として開発されたものです。男性ホルモンの働きを押さえ込み、これらの症状を後退させるものです。脱毛抑止効果は、偶然に発見されたものなのです。したがって、副作用として注意しなければならない点は、妊婦への使用です。胎児の生殖器に奇形をもたらすという報告がなされています。また、未成年についても、生殖器の健全な生長に影響を及ぼす可能性があります。妊婦の方、未成年は、絶対使用しないこと、ご注意ください。また、男性ホルモンに働きかける薬ですので、女性には効果がありません。効果がなく、副作用のリスクだけがあるとお考え頂き、使用しないよう心がけましょう。プロペシアを利用し、なおかつパートナーやお子様がいる男性は、取扱いに注意をしてください。

肝機能、性欲減退のリスク

さらには、プロペシアにはさまざまな副作用があります。まずは、肝機能障害の報告があります。これは市販薬の風邪薬や胃腸薬にもみられる症状ですが、注意を要します。肝臓が弱い方はAGAのクリニック等の医療機関にかかる際、必ず問診で報告するようにしてください。さらにプロペシアを利用する際に、副作用として最も心配の声が大きいのは、性欲減退やEDといったものです。これは、臨床試験によって、可能性は1%ほどであることが実証されています。しかしながら、一定の注意はしておきましょう。実際に性欲減退やEDに陥った人は複数いますし、薬をやめた途端に症状が回復した例もありますので、もしご自身にこうした症状が出た場合には、医師に必ず相談しましょう。また、用量を超えての使用は、副作用のリスクを高めます。用法・用量は絶対に守りましょう。

個人輸入の利点と注意点

男性の後ろ姿

薄毛治療は、病院の皮膚科や専門病院で受けるのが一般的ですが、健康保険が適用できないため個人輸入の代行業者が人気を集めています。ただし、利用は自己責任となるため、副作用が生じても保証を受けることはできず、デメリットを納得した上で利用する必要があります。

Read More...

正しい薄毛対策の方法

スプレー

髪の毛が少ないことや脱毛症に不安を抱えている方々も増加してきている中で、 育毛剤を手に入れて処理を精進していこうとお考えの人も見受けられます。さまざまなブランドのものがありますので、その中から正しい知識でしっかりと選ぶことが重要になります。

Read More...

医療機関で相談しましょう

男性

男性型脱毛症は男性の多くに見られる薄毛の症状です。最近では薄毛は薬で治療できることがわかってきました。とくにフィナステリドを使用した治療は発毛効果が高く多くの問い合わせが医療機関に殺到している状況です。男性型脱毛症の治療は皮膚科で行っています。薄毛の症状で悩んでいる方は皮膚科で相談してみましょう。

Read More...